読みやすさにつながるかもしれない設定など

0

    明後日展示なんですが、落ち着かないので、最近ゲットした「読み」に関するお役立ち情報シェアしたいと思います。長いです。

    このブログで一番読まれている記事は、「リーディングトラッカーもどきを作ってみた」でして、関心ある方も多いかなと。あと「リーダー表示」ってやつも読みやすさに関する記事です。

     

    Macユーザー(スマホはAndroidですが)なので、Apple製品に関する情報が主です。

     

    1:表示、2:読み上げ、3:音声入力

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    1:表示

     

    *iPhone、iPadの色を反転、カラーフィルタ

    https://support.apple.com/ja-jp/HT207025

     

    ・(色覚多様性に対しての設定のようですが、そうでない人でも)色付きの方が見やすいよ、という方はカラーフィルタがいいようです。残念ながらMacには無い機能(?)みたいです。→追記(2020/3/21):その後、アップグレードした後、Macでもカラーフィルタの機能が使えると確認できました。

     

    システム環境設定>アクセシビリティ>ディスプレイ>カラーフィルタ>「カラーフィルタを有効にする」にチェック。

    フィルタタイプ>色合い>カラー・強さ、で色の種類、濃淡、強さなどを選べます。

     

    追記(2020/04/28):*Windows10のカラーフィルター

    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4344736/windows-10-use-color-filters

    (試せていないのですが、今回(4/28に)検索したら見つけたので、追記しました)

     

    *Macのダークモード

    システム環境設定>一般>外観モード>ダーク

     

    *他のMacのディスプレイ設定

    システム環境設定>アクセシビリティ>ディスプレイで、コントラストなどいろいろ変更できます。

     

    *Appleのブックアプリ内での背景色や文字の変更など

    https://support.apple.com/ja-jp/HT201478#read

     

    *Safariのリーダー表示

    https://support.apple.com/ja-jp/guide/ipad/ipad0669fc3c/ios

    ・上記リンクには背景色や文字については書いてませんが、リーダー表示にすれば変更できると思います。

     

    *Word

    ・デザイン>ページの色>好きな背景色を選ぶ

    ・他にもフォントの種類やサイズなどを変える。

     

    ・ページの色の説明はこちら

    https://support.office.com/ja-jp/article/word-db481e61-7af6-4063-bbcd-b276054a5515?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    2:読み上げ

     

    *iPad、iPhoneの読み上げ

    ・設定>一般>アクセシビリティ>スピーチ

    →「選択項目の読み上げ」「画面の読み上げ」を有効

    →「読み上げ速度」の調節

     

    ・読み上げたい部分を選択して(吹き出しが出るのでその中から)「読み上げ」をタップ

    ・画面の外から二本指でスワイプ(で全文読み上げ)

     

    https://support.apple.com/ja-jp/guide/ipad/ipad9a247097/ios

    ・これはiPadの説明ですが、iPhoneでも同じみたいです

     

    *MacのSafariの読み上げ

    編集>スピーチ>読み上げを開始

    システム環境設定>アクセシビリティ>システムの声、読み上げ速度(を調節)

     

    ・システムの声はいろいろあるので(日本語は2つ)、使いたいものを「システムの声>カスタマイズ」からダウンロードする

     

    *「WordTalker AR Edition」というWordの有料の読み上げソフト

    https://www.est.co.jp/epub/word

     

    ・Windowsそのものの読み上げ機能はよく知らないので、各自お調べいただければと思います。

     

    *スクリーンリーダー:コンピュータの画面読み上げソフトウェア

    ・PC-Talkerやjawsなど。(有料です)

    ・iPhoneのVoiceOver  https://www.apple.com/jp/accessibility/iphone/vision/

    ・これは何のアプリですよ、とか読み上げてくれたりするそうです。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    3:音声入力

     

    *Macの音声入力

    編集>音声入力を開始

     

    *Googleドキュメントの音声入力

    Googleドキュメント内のツール>音声入力

     

    ・「スマホのGoogle日本語入力のアプリ」の音声入力の精度が高いそうです。

    ・Macで作業したかったので、検索したら、Googleドキュメントの音声入力が使えるという記事があり、試してみました。確かにこっちのが精度高いような。Chromeの「編集>音声入力」だと(Macの音声入力が起動するのか)精度変わらない気がします。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    もともと、ディスプレイの前にオレンジアクリル板などを設置して閲覧していたり、見えやすさ・読みやすさに関して興味あったのですが、

    Macのダークモートを知り、リーダー表示を知り、アーレンシンドローム(*1)だとわかってアーレンレンズをかけるようになり、AccessReading(*2)の体験をしたり、

    といった具合に、選択肢がいろいろあると知りました。

     

    お手持ちのPCやタブレットの設定に「アクセシビリティ」や「ユーザー補助」があると思うので、その設定をいろいろ自分用にカスタマイズすると、より見えやすく、読みやすくなるかと思います。

    >あと、自分の持っている製品の「機種名」+「アクセシビリティ」で検索するといろいろ出てくるかなと。

     

    *1:アーレンシンドロームに関しては、ネットでいろんな記事が出ていますが、信憑性の低いものも多いようです。アーレン社のカラーレンズ以外でも改善する場合もあると思いますが(私は遮光レンズでも楽です)、見え方は異なると思います。アーレンシンドロームかなと思う場合は、一度、筑波大学の心理・発達教育相談室( http://www.gakko.otsuka.tsukuba.ac.jp/about/organization/consultation/ )に面談の申し込みをしてみた方がいいかと思います。

    ・混み合っていたら、初回の面談までに結構待つかもしれません。あと、初回面談までに検査を各自で受ける必要があります。

    ・書籍も出ています。『アーレンシンドローム: 「色を通して読む」光の感受性障害の理解と対応』『アーレンシンドローム 光に鋭敏なために生きづらい子どもたち

    ・現在、筑波大学以外では、アーレンレンズは取り扱っていません。

     

    *2:AccessReadingは、印刷物が読みづらい児童向けにデジタル教科書を配信しているところです。申請が必要です。https://accessreading.org 

    ・月に1回(確か)、利用者と利用を検討している方を対象に体験講座を行っているそうです。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    長々お付き合いありがとうございました〜。

    展示もゆるくかんぱります(がんばるよりがんばらない表現(なにそれ))



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM