個展「ひとやすみ」無事終了しました。

0

    個展「ひとやすみ」無事終了しました。

    来てくださった方、気にかけてくださった方、とてもよくしてくださった「あけ/たて」店主さんのおかげで、楽しい5日間を過ごすことができました。ありがとうございました!

     

    展示風景アップしますね(クリック拡大)

    展示風景1

    挨拶パネル、絵本『ちいさな私にはじまりを』から3点、トートバッグ、芳名帳やフリペ・DMが置かれた机(机の上の箱はラッピングペーパーの使用例)

     

    展示風景2

    戌年のちぎり絵、DMのちぎり絵、絵本『さよなら愛しくない人』から2点(1点は別カット)、亥年のちぎり絵、ポストカード各種、手描きポストカード各種(壁に貼ってある)

     

    展示風景3

    一言メモ2種、ラッピングペーパー(原画は割り箸ペンで制作)、絵本『森の中で』から1点、『森の中で』の絵本冊子、Kindle紹介のパネル、手描きエッセイKindle本サンプルファイル、絵本Kindle本サンプルファイル2冊、ポートフォリオ

     

    展示風景全体

    展示風景パノラマ写真

     

    以下続きに長々した備忘録を記載

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    備忘録

    ・搬入荷物が重い。みなさん事前に宅配で送ったりしているそう。あとは車で来たり。

    ・ひとりでは、1時間で設営できなかった。しかもひとりでなんとかなるかもしれないと根拠もなく思っていたので、自分からヘルプを出していなかったのが反省点。手伝いを申し出てくれた友達に大感謝!

    ・だいたいこんな感じに展示しようと設営イメージを描いておいてよかった。当日考える余裕がなかったので、ほぼそのイメージ通りに設営。展示作品決めてから展示前にギャラリーにお邪魔したのもよかった。

    ・最初、サンプルを読むスペースの隣にラッピングペーパーを置いていたが、サンプル読んでくれる方がいると見づらくなると後から気づいて、机をズラす。空いたところには、『森の中で』の絵本冊子を置く。

    ・芳名帳を昔買ったお気に入りのノート(MIDORI)にした。リアルなアリの絵があり、「虫がダメな人触れなくね?」と初日に気づく。「よかったら名前だけでも書いていってください〜」と初めましての方に言い出せないことが。いろいろお話させてもらった方の名前がわからない〜。

    ・ギャラリーにイスがたくさんあるというのは重要ポイント。ゆっくりお話できるし、自分も座ってられるし、荷物も置けるし。

    ・はじめは『ちいさな私にはじまりを』からは2点出す予定だったのだけど、この絵本がきれいで好きだと言ってくれる方がいて、1点追加した。スペース的にも作品数、雰囲気的にも増やしてよかった。

    ・ずっと個展やりたいなあと思っていて、何年も過ぎていた。実際開催することになったきっかけのひとつに、手描きポストカードをTwitterに上げた時に「いつか作品を買いたい」と言ってくださった方がいたというのがある。その方に実際に手描きポストカードを買っていただけて嬉しい。

    ・展示していた「あけ/たて」がとても愛されているお店だなあと実感。繋がりのある作家さんやお客さんといろいろお話できて楽しかった。そして、店主さんにとてもよくしてもらう。

    ・中学美術部顧問の先生が片道3時間かけて来てくれる。美術部同期の友達(+長男くん)、いつも一緒に帰っていた友達、年賀状のやり取りが続いている10年振りくらいの友達(+お子さん2人)、15年振りくらい(!)の入院友達(+旦那さん)、絵描き友達、勉強友達、当日勉強会を抜けてまで来てくれた仲間、アパートメントの管理人さん、スっとした線画をかかれる作家さん、などなどたくさんの方に作品を見ていただき、たくさんお話させていただき嬉しかった。あと、お会いできなかったけど、ワークショップで一度だけご一緒した方も来てくれた!他にもゆっくりお話できなくても、「これ好きです」と言ってくださる方や、ポストカードや一言メモなどをご購入くださる方がいて、嬉しかった〜。

    ・あと、行かれないけどDMありがとう、展示ゆるくがんばれ〜ってハガキやLINE、メールをくれた友達も。展示前や展示期間中はそわそわ落ち着かなかったので、気持ちが緩んで有り難かった。

    ・新作絵本『さよなら愛しくない人』はKindle内ではあまり読まれておらず、反応がいまいちわからないところがあったけど、今回いいねと言ってくれる方が多くて嬉しい。作品完成が展示に間に合ってよかった。

    ・手描きエッセイのサンプル読んだ方とは、フランクにお互いの困りごとを話せたりして、手描きエッセイを挟むと話せることっていろいろ広がるのかもしれないと思えた。作品の可能性を感じた気がした。(自画自賛?)

    ・昔のデザフェスのフリペはまだまだ余っているので、また次回何かあるとき放出予定。

    ・DMも余ってるのは、しばらく名刺代わりにしよう。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM