手描きエッセイ『記憶とぐち:しんどくならないぐちを言いたい』販売中

0

    手描きエッセイ『記憶とぐち:しんどくならないぐちを言いたい』Kindleストアで販売中です。こちらから購入できます。

     

    『記憶とぐち』表紙画像

     

    ぐちる、ぐちられる、ぐちを言い合う。そうこうしているうちに自分が消えたり、逆に自分が見えてきたり、記憶の意味が変わってきたり。そんな考察が入り混じった手描きエッセイです。

    52ページ/全ページカラー(色数少なめ)/縦長固定レイアウト

     

    目次
    1:記憶との付き合い
    交信する記憶/よみがえる記憶/記憶に救われる/墓場への持ち物が減った/昔の自分の居場所/受容≒諦め?

    2:整理しきれてなかった記憶
    持て余していた怒り/怒りの薄れ/「生徒」じゃない生徒/気にしすぎる/私がうまく立ち回れば/ぐちる/整理しきれてなかったこと/よみがえる記憶2/ムリって気持ち/死=解決ではない/場の存続

    3:しんどいぐちって?
    自分より相手の気持ち/受け答えの反射現象/中毒症状/ぐちのはけ口/避けたい状況/”冏砲覆阿繊深分の内側からでなく外側から/私の問題と相手の問題/相手の問題とパワーを奪う/同じ場の人のぐち(悪口)/批判されているイメージ/言葉のキャッチボール

    4:ぐちることの重要性と暴力性
    ぐちを吸ってまっくろになる自分/SNSへの書き込み/ぐちることの重要性と暴力性

    5:ぐちの流儀とは?
    ぐちるときに気をつけていること/しんどくならないぐちの言い合い

    *番外編
    悪口と傷



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM