wemo、ウェアラブルメモ

0

    wemo(ウェアラブルメモ)というのがあります。

     

    腕に巻けて、書いては消してってできるメモ。

     

    wemo

    (写真クリック拡大)

     

    以前、ベンキョー仲間に教えてもらっていたものです。最近、家族が物忘れが多いことを気にしていたので、購入してきました。推奨の油性ボールペン(ZEBRA社ジムノック0.7mm芯)も一緒に。

     

    結構使い勝手良いみたいなので、情報共有します。>教えてくれた某さん、ありがとう!


    リーディングトラッカーもどきを作ってみた2

    0

      過去記事「リーディングトラッカー もどきを作ってみた」の続編です。(画像はすべてクリック拡大)

       

      *必要なもの、あった方が便利なもの

      1:透明なアクリル板 or 塩ビ板 or 下敷き

      2:マスキングテープ

      3:不透明アクリル絵具(アクリルガッシュ) (or テープ or 油性ペン)

      4:定規

      5:カッター、(+替刃、+刃が折れるケース)

      6:カッターマット

      7:筆、パレット、水入れ

      8:紙やすり

       

      *バリエーション

      1:細長くて、1行分が透明になっているもの

      2:細い線を引いて、その線をガイドに読むもの

      3:段落ごとに区切るもの

      4:色付き or 透明

      5:ただの色付き or 細長くした色付き

       

      *ざっくり制作過程

      1:アクリル板や塩ビ板のサイズを決めて、切る。

      2:透明にしたい部分をマスキングテープで隠す。

      3:不透明アクリル絵具(または油性ペンなど)で塗る。

      4:切った箇所や角をやすりがけする。

      5:マスキングテープをはがす。

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

      *必要なもの、あった方が便利なもの

       

      1:透明なアクリル板 or 塩ビ板 or 下敷き

       

      材料

       

      色付き(透明)の方が読みやすいときは、色付きを用意。以前の記事には、「薄くて透明度が高いものが東急ハンズに無かった」と記載していますが、ありました。塩ビ板です。これならカッターで切れます。

       

      ただ、作ってみて、アクリル板より、塩ビ版の方がマスキングテープの粘着が残りやすい気がしました。あと、静電気のせいか、汚れやすい気もします。

       

      あと、塩ビ板とアクリル板で色が違うようで見え方がちょっと違います。またメーカーによっても違います。余裕がある方は、いろいろ購入してみて、比べてみるといいと思います。

       

      無色透明アクリル板は、薄いのがあったのですが、アクリル板は薄くて2mmくらいが多いです。その際は自分で切ろうとするより、購入店で切ってもらった方がいいと思います。(行く前に切ってもらえるか要確認)。小さいサイズのものも売っていたりしますが、色が限られるところが多い印象です。

       

      あと、一番手に入りやすいのは、無色透明の下敷きと、勉強用の緑と赤の透明下敷きだと思います。それでも、読みやすいと感じるときは、それで作ってみるのもいいと思います。赤の透明下敷きとかも、メーカーによって色が違います。私はイオンのプライベートブランドのものが見やすくて(色が他より薄いのかも?)、それを使っています(写真のは違うメーカーです)。

       

      2:マスキングテープ

       

      1行分透明にするときには、普段の文字のサイズを考えて、マスキングテープの幅を選んでください。以前の記事に「mtのテープには8mmある」とか書いていますが、調べたら「無くね!?」ってなりました。近所の本屋の文房具コーナーにあったマスキングテープは、4mm、6mm、15mmでした。私が前回使ったのは、3Mの6mmと9mmです。

       

      マスキングテープ

       

      でも、今回、8mm作ってみたいなあと、100均一で探したら、5mmと7.5mmがあったので、それでも作ってみました。ただ、塗り用ではないので、絵具との境目があんまりきれいになりませんでした。

       

      あと、大きい面積をマスキングしたいとき用に、大きめのを買い足しました。

       

      3:不透明アクリル絵具(アクリルガッシュ) (or テープ or 油性ペン)

       

      透明にしない部分を不透明アクリル絵具で塗っています。私は白と黒のアクリルガッシュを使って灰色にしていますが、最初から灰色とか塗りたい色の絵具を買ってしまってもいいと思います。

       

      アクリル絵具は、洋服や机とかに付くと、取れないので注意してください。汚れてもいい紙などを下に敷いて作業してください。

       

      また、絵具ムリ!って方は、そのままテープで隠しちゃうってのもありかなと。あと、線をガイドにするバージョンは、そのまま定規とペンで線を引くっていうのでもいいと思います。その場合、Do! POSCA(ドゥ!ポスカ)あたりがくっきりしていいかなと。油性ペンだとちょっと薄いです。

       

      線の違い

       

      ただ、マスキングテープで隠して、細い線を塗る場合は、ポスカより油性ペンのがいいです。ポスカは、マスキングテープをはがすときに、ポロポロ取れてしまいました。

       

      4:定規、5:カッター、(+替刃、+刃を折って収納できるケース)、6:カッターマット

       

      塩ビ版や下敷きを切ったり、マスキングテープを貼ったりするときに使います。

       

      カッターは、強い力で一度に切ろうとしないで、弱めの力で何回も撫でるように切ってください。強い力で切ろうとすると怪我の元です。あと、カッターの刃は頻繁に追って、新しい刃で切ってください。カッターの刃は消耗品です。カッターこれからも使うよ!って方は、刃を折る箇所が付いていて、そのまま折った刃を収納できる部分が付いたケース入りの替刃がおすすめです。

       

      カッター

       

      定規で、印を付けるときは、透明にする部分に付けないように注意してください。

       

      カッターマットが無い場合は、いらない雑誌とかを台紙にして切ってください。カッターマットは、1cmとかの方眼がついたものが便利です。マスキングテープを貼るときに、それをガイドにして貼れます。もちろん、切るときにも便利。

       

      7:筆、パレット、水入れ

       

      絵具を使うときは、筆はあった方がいいと思います。パレットと水入れは、ゼリーとかを食べた後の容器で十分です。私は、水入れは市販の茶碗蒸しの容器、パレットはペーパーパレット(使い捨てのもの)を使いました。

       

      8:紙やすり

       

      切断面と角が危ないので、やすりで削ってください。本読みに使うときも手を切らないように注意してください。

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

      *バリエーション

       

      出来上がりバリエーション

       

      1:細長くて、1行分が透明になっているもの

       

      この場合は、透明にしたい1行分のところにマスキングテープを貼ります。裏の全面にも貼ると汚れません。ただ、マスキングの粘着汚れが付く可能性があります。特に、テープの終わりと始まりの部分。濡れティッシュとかで少し取れますが、完璧に取れない印象です。特に塩ビ板は汚れやすいように感じました。

       

      2:細い線を引いて、その線をガイドに読むもの

       

      文字の下や上、横に線を置いて、読むときのガイドにします。これは、線の部分を細く開けて、上下にマスキングテープを貼ります。ただペンで線を引いてもいいと思います。

       

      3:段落ごとに区切るもの

       

      透明部分が大きいものです。透明になる部分にマスキングテープを貼ります。ネットを見て、このバージョンもあったので、作ってみました。使いやすいかは謎です。

       

      4:色付き or 透明

       

      色付きが見やすい場合と、無色透明の方が見やすい場合、いろいろあると思います。買うときに、本や文章が印刷されたプリントなどを持参して、見比べてみるといいと思います。

       

      私は、色付きの方が読みやすいです。アーレンレンズや遮光レンズをかけてますが、それでも、無色透明より、色付きの方が読みやすいです。アーレンのカラーフィルムも2色持っているのですが、謎にアクリル板の方が読みやすいことも多いです(日によって目の調子が違うので、その日にあったものを使っています)。魔法の定規も持ってますが、私にはいまいちでした。あと、高い!(アーレンのカラーフィルムは、筑波大学の心理・発達教育相談室のアーレンシンドローム の面談時に購入。魔法の定規はAmazonで購入)。

       

      5:ただの色付き or 細長くした色付き

       

      上記のようなこともあって、色が付いているだけで読みが改善されるので、基本ただの色付き透明アクリル板を使っています。ただ、今回作った、その色付きアクリル板に細い線を引いたやつが、読みやすいように感じています。(まだそんなに使いこなしていない)

       

      あと、最近よく使っているのは、赤い透明下敷きを細長く切ったもの。これを読む文章の下に置いて読んだり、資料の書き写すとこに置いたりしています。定規でもいいと思いますが、メモリとかが無い分、見やすいかなと思います。

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

      *ざっくり制作過程

       

      制作過程

       

      1:アクリル板や塩ビ板のサイズを決めて、切る。

       

      切るところ

       

      サイズは、定規みたいに細長くするとか、色付きで結構読みが改善する場合は、大きめにするとか。あと、一番読む本や教科書のサイズに合わせたり。そのときも、横幅だけ合わせるとか、本の1ページ分のサイズにしちゃうとかいろいろあると思います。

       

      購入店とかで切ってもらうときは、ある程度サイズを考えてお店に行った方がいいと思います。40cmだったら、20cmと20cmに切ることはできないと思うので、注意してください。切る刃の部分とかもあるので、「何mmか減らしてください」と、お店の方で案内があると思います。

       

      2:透明にしたい部分をマスキングテープで隠す。

       

      マスキング

       

      カッターマットをガイドにして貼る場合、カッターマットにはみ出るように貼って、塗る前に端を切るといいと思います。粘着汚れが付いてしまう可能性もありますが、角とかをマスキングテープで押さえてから、貼るとまっすぐ貼りやすいです。

       

      マスキング

       

      3:不透明アクリル絵具(または油性ペンなど)で塗る。

       

      塗っているところ

       

      水少なめで、絵具をよく筆に馴染ませてから塗るといいと思います。

       

      塗っているところ

       

      油性ペンで塗るところ

       

      4:切った箇所や角をやすりがけする。

       

      やすりがけ

       

      材料を切った段階でやすりがけしてもいいと思いますが、ここでやすりがけすると、はみ出た絵具も削れます。

       

      5:マスキングテープをはがす。

       

      完成

      完成

       

      完成〜!

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

      *使っているカッターマットが汚れてて、ちょっと見苦しくてすみません....(いや、待て、机の方が明らかに汚い)。あと、反射を避けるため斜めの画像が多くて見にくいかも....。

       

      *アクリル板の難点は、読むときに角度によって周りが反射して読みづらいときがあることです。そのときは、ちょっと読む位置とか光の入る角度をズラしたりしてみてください。

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

      使ってみて、こうした方が読みやすいな、とか、こう作った方が楽だなとかいろいろ出てくると思います。自分に合ったものを探って作っていく過程を楽しめるときは、いろいろ試してみてください〜!ムリ、めんどいってときは、既製品を買ったり、周りの人に作ってもらったり、ちょっと本から離れたり、自分のペースで〜!


      SUZURIで購入できるひろのはこの商品説明

      0

        オリジナルのグッズを作成・販売できるSUZURIに登録しました。

        ひろのはこのショップはこちらです。

         

        「在庫を抱えずに販売できる」ってとこがいいとこ。

        でも、販売するからには、どんなものか知っておきたいと思って、自分で作ったものを購入しました。

        ということで、どんなものか説明していきたいと思います。写真はすべてクリック拡大。

         

        *マイショップに表示されている値段は税抜き。別途税金がかかります。

        *グッズによって原価があって、それに作家が0〜3000円の取り分を設定。ひろのはこのグッズは今のところ、100〜300円で設定しています。

        *別途送料かかります。2020年1月現在、通常配送600円、ネコポス便(ステッカーとか薄いもののみ)260円。

        *コンビニ決済の場合振り込み手数料がかかります。

        *注文を受けてから制作するので、発送まで日数がかかります。(6〜9日くらいかな?)

         

        フルグラフィックTシャツ

        フルグラフィックTシャツ

         

        上の画像が、SUZURIで表示されるイメージ図です。で、これ↓が実物が届いて着てみたもの。(身長167cm、M着てます)

        フルグラフィックT

         

        サイト画像は、パキッと黒なんですが、実際は若干グレーとかスミ色っぽいです。パキッと黒がお好みの方は注意を!

        Tシャツアップ

         

        あと、綿じゃなくて、ポリエステル100%です。運動着のような感じの。綿じゃないとダメって方も注意!

         

        実際に着ているのはMで、サイズによってちょっと雰囲気変わるかもしれません。印刷時にズレもあると思うので、Mでも着ている写真と100%一緒ではないと思います。

         

        それと、裏面も印刷されています。裏を印刷しないと、安くなるんですが、印刷したかった・・・。フルグラフィックじゃない、表面だけのTシャツ(綿)の方が安くなるので、そのうち制作できたらなあと思っております。

         

        *ステッカー

        ステッカー

        (バーコードの一部消してあります)

         

        ステッカーは厚めです。SUZURIのこちらの記事にステッカーの基本情報が載っています。

        ステッカーアップ

         

        パーカーロングスリーブTシャツ

        着た感じ(身長167cm、どちらもM着てます)

        パーカー

        (絵の色がちょっと実物と違います。修正すると余計おかしくなりそうでそのまま...)

         

        ronngu

         

        どちらも濃い色の方が値段が上がります。

        濃い色だと、最初に白を印刷してから上に色を乗せるみたいで、絵の「乗ってる感」が増す感じがします。

         

        白は濃い色より、布に馴染んでいる感じ。

         

        パーカーとロングスリーブTシャツは、冬物セールで買いました。たまにセールしているみたいなので(季節物だけかも)、ちょこちょこチェックしているといいかもです。

         

        *ノート

        ノート

         

        中は無地のツルツルした紙でした。

        試し書き

         

        鉛筆でも、ボールペンでも描けましたが、ざらっとした書き心地が好きな人向けではないです。

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        以上です!


        WEBに作品一枚追加

        0

          作品>アクリル画 に一枚UPしました。

           

          年末年始に参加した、あけ/たての「往く年、来る年、メデタイモノ展」で展示していた作品です。
          そして改装後のTOP画に使用中(TOP画、頻繁に変えたいなあと思っているけど、実行なるか....?)


          もろもろ:睡眠とかミニ工作とか

          0

            長いので目次

            ・寝たフリ・睡眠薬・片付け・ミニ工作・その他

             

            *寝たフリをしてみる

             

            眠いなあと思いつつ、眠れないときに、寝たフリをしてみるといいかもしれない。寝るときの「スーピースーピー」っていう呼吸に近づけるのだ。頭は起きてるんだけど、呼吸から頭を騙していく感じ。「もう寝てますよ〜」って。

             

            まあ、これやろうとしてできなくて「できない!眠れない!!こんなんじゃだめだ!」って思うと余計眠れないので、できたらラッキーくらいで。ちょっとオススメです。

             

            *睡眠薬の行方

             

            昨年末(いや、11月くらいかな?)の新聞記事で、「睡眠薬の依存への恐怖で、処方薬をちゃんと飲めなくて眠れないことが続いて不眠症が治らない、悪化していく」というものが。私はエッセイの「安眠したい!!」で、睡眠薬(ベンゾジアゼピン系)にちょっと批判的(?)なことを書いたんですが、記事を読んで「とりあえず当面の睡眠を確保する」ってことも大事だなあとも思いました。

             

            そもそも16歳から何年も、(非)ベンゾジアゼピン系の睡眠薬や抗不安薬を飲んでいて(今はゼロ)、減薬にも何年もかかっている身からすると安易に使ってほしくないよなあというのも正直な気持ちではあります。

             

            個人的な希望は(その新聞記事にも確か似たようなこと書いてあった気がするけど)、「とりあえず、2週間(とか1ヶ月とか?)は薬を飲んででも寝ましょう。しばらく眠れたら、徐々に減薬しましょう」とか、処方するときに、具体的なプランを立ててほしいなということ。

             

            あと、患者として確認しておいた方がいいなと思うのは、「副作用で逆に眠れないとき」とか「これじゃあ眠りすぎるとき」に、自分で次の診察までに半分にしたり調節していいかとかいうこと。または、「処方量の半分からはじめていいですか」とか。私は、薬に敏感なので、睡眠薬以外でも、新しい薬を試すときに自分で薬の調整をしていいか聞く場合が多いです。漢方外来に初めて行ったときに、3種類処方されたときは、「薬に敏感なのと、どれが効いてるか効いてないかわからなくなるので、はじめは1種類だけ飲んでもいいですか?」と聞きました。(そしたら、最初の処方を1つに絞ってくれた)

             

            まあ「ダメ」とか言われる可能性もなきにしもあらずですが。「処方されているからとりあえず飲んでる」っていう受け身な態度だと「効いてるのか効いていないのかわからない」状態で、長期間たくさんの薬を飲むことにつながる可能性もある、ということは頭の片隅に置いておいてもいいのかなと私は思います。

             

            *年末前に少し片付けをした

             

            年末の掃除は、机周りを片付けただけなんですが、それより前にちょっと大きめの掃除をしました。その時、ずっと謎にとってあったスリッチ(ブルーブラック)の残骸を捨てました。なんか全部とっといて、何かのときに(何かのときって何!?)メーカーに知れて「いつもご利用ありがとうございます」ってスリッチが大量に送られてくるという妄想があったんですよねえ。なんだそりゃですが。

             

            大量のスリッチというジェルボールペンの写真

             

            ずいぶん前のものなので、これ捨てただけで、少し前に進めた錯覚に陥りました。

             

            *ミニ工作

             

            家族が数日分の薬を食卓上に置いているのですが、毎食後の薬と寝る前の薬を飲み間違えたと言っていました。それで、寝る前の薬を置く小さい箱を作りました。

             

            小さい手作りの箱

            3cm×5cm×2cm

             

            小さくない?と言われたので、もうひとつ作りました。

             

            小さい手作りの箱二個

            5.5cm×8cm×2.5cm

             

            一つ目の箱を中に入れています。

             

            箱の作り方

             

            厚紙を上みたいに切って(外側になる方の折り目を少しだけカッターでなぞるときれいに折れます(切りすぎ注意))、周りをマスキングテープで一周しただけ。

             

            なんかこういうクオリティー低めの工作をよくします。「こうするといいかも」って考えるのは楽しい。ということで、年末のAmazonのセールで買ったタブレットを置く台を作りました。Kindle読むのに持ってるのめんどかったので。

             

            タブレットを置く手作り台座

             

            下が厚紙を折った台で、上がイベント用に買った100均のまな板置き。それだけじゃ低かったので、スティックのりを置いてます。見た目より実用性重視。(見た目を追求するのがめんどくさいだけでもある)。ただバランス崩すと落ちる可能性もなきにしもあらず。

             

            *そんなこんなで

             

            12月中旬に放置したと言っていたエッセイの制作を再開しました。当初よりだいぶいろいろ削ってスリム化しました。なんか今年はもう何もしなくていいやとか思ってたけど、結局制作しているのはいいことなのかどうか。

             

            図書館で予約していたHTML+CSSの本をこの間受け取りました。ただ、もう全然読む気になれず。本当飽きっぽいというかなんというか。自分には明確な目的、目標設定が必要なのかもしれないです。



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM